レオン・ケイヴン株式会社

相続で困ったら!不動産売却のプロが相談にのります

お問い合わせはこちら

相続で困ったら!不動産売却のプロが相談にのります

相続で困ったら!不動産売却のプロが相談にのります

2024/03/22

 相続に際して、不動産を売却することが必要になる場合があります。しかし、不動産売却は素人には難しい問題であり、相続人たちは悩みを抱えることが多いでしょう。そんなときは、専門の不動産売却プロに相談してみることをおすすめいたします。当社では、相続に関する不動産売却に豊富な経験を持つプロが、丁寧かつスピーディーに対応してくれます。お困りの方は、まずはお気軽にご相談ください。

目次

    相続に悩んだら

     相続に悩んだら、専門家に相談することが大切です。特に不動産を相続する場合、相続人全員の意見や権利の関係を正確に把握する必要があります。また、相続税や不動産の評価額など、法律や税制にも詳しい専門家に相談することで、スムーズな相続手続きができるでしょう。ただし、相続人全員が納得し、円満に解決するためには、家族や親族それぞれの思いや感情にも配慮する必要があります。相続に悩んだ際は、相続に強い司法書士や税理士、不動産業者に相談し、的確なアドバイスをもらいながら、家族や親族との円滑なコミュニケーションを心がけることが重要です。

    相続で困ったら即相談

     相続で困ったら即相談という言葉があります。特に問題になるケースが、1つの土地建物をいったん相続人全員で共同持ち分にしてしまうと、後になってトラブルに発展してしまう可能性が高いので、共同持ち分で相続することはやめておいたほうが良いということです。相続によって、不動産を含めた様々な財産を相続することになりますが、遺産分割や相続手続きに関する知識がない場合、深刻なトラブルに発展することがあります。このような場合は、プロの不動産業者に相談することが大切です。不動産業者は、相続財産の評価や手続き、遺産分割のアドバイスなど、専門的な知識と経験を持っています。特に、相続財産に不動産が含まれる場合は、相続税や相続財産に関する法律知識が必要となります。また、相続財産を売却する場合も、不動産業者が適切な査定や最適な価格設定を行います。相続で困ったら即相談し、専門家のアドバイスを受けましょう。

    相続手続き後になってもめる場合の例

     相続手続きをして、遺産分割が終わった後になってから不動産の売却を考える人もいます。しかし、相続した人の間で意見が一致しない場合があるため、その時は相続人同士で調整を慎重に進めなくてはいけません。

     例えば、1つの土地や建物をお父さんから3人の子供のA、B、Cさんに、それぞれの共同持ち分として3分の1づつを相続したとします。相続してから何年かたって、Aさんが売却したいと言いはじめ、Bさんはどちらでもよいと思い、Cさんは売却したくないと言った場合はどうなると思いますか?

     実は、1つの土地や建物を複数人で共同持ち分にしてしまうと、全員の意見が一致しなければ売却ができないのです。この場合はCさんの意見だけがとおってしまうことになります。もし、AさんやBさんが自分たちだけで売却したいなら、自分たちの3分の1の共同持ち分づつという権利だけを売ることになりますが、これは建物に住んだり人に貸したりもできず、建物を壊して土地だけで売ったり建て替えたりすることもできない権利ですので、安く売るしかなくなってしまいます。やはり、土地や建物の権利というのは、1つになって初めて使用できる価値が生まれるのですから、共同持ち分という分割された権利ではかなり価値が低くなってしまうのです。

     ですから、遺産を相続するときは、家族や親族で共同持ち分にすることはできるだけ避けて、長男1人だけに土地や建物を相続し、残りの兄弟は現金やほかの財産を渡すことなどが賢明です。

     すでに共同持ち分で遺産相続している場合は、全員の意見が一致している間に売却して、相続人の全員に現金で分配する方法が良いと思います。

     他にも、相続税や不動産の評価額など、様々な手続きが必要となるため、専門家に相談して進めることも大事です。売却の理由や相続人間の立場によっては、関係者間で意見が分かれることもありますが、最終的には円満な解決を目指して進めることが大切です。不動産の売却は大きな決断ですが、適切な手続きを経てスムーズに進められるよう対応するしかありません。

    相続で不動産を手放すなら

     相続で不動産を手放す際には、様々な手続きが必要です。まず、相続人全員が同意して売却する必要があります。もし、複数人で共同所有する不動産を売却したいときに、一人でも反対したら土地建物を売却することができずに、不動産の共同持ち分という分割された権利だけを安く買ってもらうだけなってしまいますので注意が必要です。

     また、不動産の評価額や相続税の計算なども必要になります。 不動産を売却する場合には、売却先をしっかりと選ぶことが重要です。信頼できる不動産会社や仲介業者を選び、適正な価格で売却することが必要です。  他にも、売却時には税金の問題もあります。相続税がかかる場合には、適切に申告することが必要です。相続人が複数いる場合には、相続人間の分割協議書や遺産分割協議書が必要になる場合があります。

     不動産を手放す場合には、早めに専門家の意見を聞くことが重要です。相続税や手続きなど、様々な問題が発生する可能性があるため、しっかりと検討してから売却を決断するようにしましょう。

    相続に伴う不動産売却の悩みを解決

     相続に伴う不動産売却は、多くの人が悩んでいる問題です。亡くなったご家族が所有していた不動産を売却することは、心理的にも大きな負担がかかりますし、相続税などの問題もあります。しかし、不動産を相続すると固定資産税やメンテナンス費用がかかるため、売却することも選択肢の一つです。

     不動産売却の際には、査定業者の比較や手続き、契約書の作成など、多くのプロセスが必要です。また、相続に伴うトラブルや紛争が発生する場合もあるため、専門家のアドバイスを受けることが重要です。 不動産業界には、相続に特化した売却サポートを提供している業者もあります。相続税の計算や手続き、データベースを活用した正確な査定など、相続に伴う問題を解決するためのサービスが充実しています。 不動産売却に関する悩みは、プロのアドバイスを受けることで解決できます。相続に伴う負担を軽減するためにも、早期の対応が必要です。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。